地域交流施設 「サクラ・カルチュレール・セントラム」

  1999(平成11)年、県立移管100周年記念事業の一環として建築された、校門を入って右側の円錐形屋根をもつオランダ風の瀟洒な建物です。
コンセプトは、「多くの貴重な文化財を展示・収蔵するとともに、これらを生かした地域交流、国際的な文化交流の拠点として発展が期待される施設」で、1階は展示室と研修室、2階は収蔵庫となっています。

・ 展示室には、鹿山文庫をはじめとする、藩校以来200年余の母校の歴史が理解できる資料などが整然と展示されています。

休日にご家族や友人などと、ぜひ母校へ足を運んで見ませんか ?


○ ご案内

開館日

土・日曜日、祝日

(お盆と年末年始は休館)

開館時間

午前10:0012:00

午後  1:004:30

(入館は4:00まで)

入館料

無料

  ○ 主な展示品

鹿山文庫等

・鹿山文庫(ハルマ和解(わげ)、ホッタイン博物誌など)

・堀田家関連資料

・順天堂関連の翻訳書・医学書

学校関係

・藩校時代の資料

・旧制佐倉中学校関係資料

・佐倉高校関係資料

※ 卒業生である読売巨人軍終身名誉監督・

長嶋茂雄氏の在校時写真など

  


 











  外 観   

img004.jpg


                                
  展示内容T
   img005.jpg

  展示内容U
   img009.jpg



鹿山
(ろくざん)文庫 (県指定有形文化財)

  佐倉高校所蔵の古書籍群で、1971(昭和46)3月末現在の和装本の全てと洋装本のうち1912
(
明治45)年以前刊行の図書1,518部、10,535冊を目録に収録し「
鹿山(ろくざん)文庫(ぶんこ)」と名づけました。

  これらの書籍は、1792(寛政4)年に佐倉藩が「佐倉学問所」を開設以来、「温故堂」、「成徳書院」と校名を変えていく中(→校名の変遷へ)で、学究のため収集し、藩校内の文庫等に収蔵していたものを、藩校閉鎖や県立移管等の困難期を乗り越え、佐倉高校に引き継がれたものです。

  

 
 クリック→
 校名の変遷

・ 1993(平成5)226日、鹿山文庫関係資料(鹿山文庫10,535点、孔子座像1躯、扁額8)が、一括して「千葉県有形文化財」に指定されました。

なかでも「ハルマ和解(わげ)」は、我が国初の蘭和辞典として広く知られています。

 

○鹿山文庫の内訳

装丁

  種別

  部

 冊

和装本

国書

291

2,744

漢籍

339

6,168

洋装本

明治期刊行書

383

827

蘭書

174

335

仏書

  9

   9

英米書

315

 444

独書

  7

      8

 計

1,518

10,535


○著名な蔵書

書名

著者

発行年

ホッタイン博物誌

ホッタイン

1761-1785

ハルマ和解(わげ)

稲村 三泊等

1796(寛政8)

ドゥーフ・ハルマ

ヘンドリック・ドゥーフ

1833(天保4)

訳鍵

藤村 泰助

1810(文化7)

和蘭字集

桂川 甫周

18558(安政25)

ウェイランド和蘭辞書

ウェイランド

英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書

堀 達之助

1862(文久2)







                   





             蔵書の一部
 
img006.jpg





                              鹿山文庫の蔵書印
   

img007.jpg