鹿 山 会 会 則 

       最近改正 平成24728

           

1章   総 

(名称及び事務局)

第1条     本会は鹿山会と称し、本部事務局を千葉県立佐倉高等学校内に置く。

(目的)

2条 本会は会員相互の親睦融和を図るとともに、母校の発展に寄与することを目的とする。

(会員) 

3条 本会の会員は、次の2種とする。

() 通常会員

ア 千葉県立佐倉中学校、千葉県立佐倉高等学校同併設中学校及び千葉県立佐倉第一高等学

校を卒業した者  

イ 千葉県立佐倉中学校、千葉県立佐倉高等学校同併設中学校及び千葉県立佐倉第一高等学

校に在籍した者

() 特別会員

ア 千葉県立佐倉高等学校の現在職員

イ 千葉県立佐倉中学校、千葉県立佐倉第一高等学校及び千葉県立佐倉高等学校の旧職員

(事業及び委員会)  

4条 本会は目的達成のため、次の事業を行う。

(1) 会員相互の親睦を図る懇親会等の行事の開催

(2) 会員名簿の更新

(3) 会報「鹿山会」の発行及びホームページの運営管理

(4) 母校の教育振興に寄与する事業

(5) 鹿山文庫の保存・活用に関する事業

(6) 記念館の保存に関する事業

(7) その他本会の目的達成に必要な事業

 2 前項の事業を推進するため、本部事務局に総務委員会、広報委員会、教育振興委員会及び鹿山文庫委員会を設ける。なお、必要に応じて特別委員会を設けることができる。

(支部及び同期会)

5条 本会は支部を設けることができる。また、同期会は同期生が設ける。

2 各組織は、責任者等の運営体制を本部事務局に届け出るものとし、変更ある場合も同様とする。また、各組織の会則は各組織が定める。

 

2章   役 員

(役員)

6条 本会に次の役員を置く。

(1) 会長        1

(2) 副会長       5名以上10名以内 

(3) 事務局長      1

(4) 総務委員長   1

   (5)  広報委員長      1

     (6)  教育振興委員長 1

   (7) 鹿山文庫委員長 1

(8)  会計        3

(9) 幹事       若干名

(10) 監査委員      3

(11) 評議員      若干名

  (12)  顧問       若干名

 

(任務)

7条 役員は次の任務にあたる。

   (1) 会長は、本会を代表するとともに、会務を統括する。

   (2) 副会長は、会長を補佐するとともに、会長に事故あるときはその職務を代行する。また、会長の指定する委員会を担当し、助言する。

   (3)  事務局長は、会長の指示に基づき本部事務局の事務全般を統括する。

(4)  総務委員長は、会議の開催、財務及び名簿の更新に関する事務を所掌するとともに、他

の委員会に属さない事項を所掌する。

   (5)  広報委員長は、会報「鹿山会」の編集発行及びホームページの運営管理を所掌する。

(6) 教育振興委員長は、母校の教育振興に寄与する事業を所掌する。

(7) 鹿山文庫委員長は、鹿山文庫の保存・活用に関する事業を所掌する。

(8) 会計は、総務委員会に所属し、本会の財務事務を担当する。

(9) 幹事は、いずれかの委員会に所属して活動する。

(10)  監査委員は、財務及び事業の執行状況を監査し、その結果を総会に報告する。

(11)  評議員は、総会上程議案等の重要事項について審議する。

(12)  顧問は、会長の諮問に答える。

(選出方法)

8条 役員の選出は、次に定めるところによる。

(1)    会長、副会長及び監査委員は、総会において通常会員の中から選出する。

(2) 幹事は、通常会員の中から会長が委嘱する。また、母校に勤務する会員は幹事とする。

(3) 事務局長、各委員長及び会計は、幹事の中から会長が委嘱する。ただし、事務局長及び各委員長は、会長が副会長に事務取扱させることができるものとする。

(4) 評議員は、「別表」に定める選定基準により各支部・同期会から選出し、本部事務局に届け役員会の承認を得るものとする。また、評議員に変更ある場合も同様とする。

(5) 顧問は、役員会で推薦し、総会の承認を得るものとする。 また、母校の校長は顧問とする。

(任期)

9条 役員の任期は2年とする。ただし、再任は妨げない。

なお、任期途中に、新たに選出された役員の任期は、他の役員の残任期間とする。

 

3章   会 議

(会議)

10条 会議は、総会、評議員会及び役員会とする。

(1) 会議は、会長が招集し、議長は会長をもって充てる。

(2) 会議は、その会の出席者をもって成立するものとする。

  (3) 会議の議決は出席者の過半数で決し、可否同数のときは議長が決する。

    (4)  会長は必要と認めるときは、関係者を会議に出席させることができる。

 2 総会は、原則として年1回開催し、下記の事項を審議・決定する。必要があるときは役員会

の決議で臨時総会を開くことができる。

(1   会則の改正

(2   事業計画及び予算

(3   事業報告及び決算

(4   役員の選出

(5   その他必要と認める事項

 3  評議員会は、原則として年1回開催し、下記の事項を審議する。

  ただし、会長が必要と認めるときは臨時評議員会を開くことができる。

(1総会に上程する議案

(2その他必要と認める事項

4  役員会(会長、副会長、事務局長、各委員長、会計、幹事及び監査委員で構成)は、必要に応じて開催し、下記の事項を協議する。

(1) 総会に上程する議案

(2) その他本会の運営に関する重要な事項

 (委員会会議)

11条 委員会会議は、各委員長の招集により、随時開催し、任務を遂行する。

 

4章   財 務

(経費)

12条 本会の経費は、入会金、年会費、寄付金その他の収入をもって充てる。

(入会金)  

13条 千葉県立佐倉高等学校在校生は、卒業時に入会金3,000円を納入する。

(年会費)  

14条 本会の年会費は、年2,000円とする。 

2 年会費は、本会が毎年10月までに送付した振替用紙により、翌年3月末日までに納入する。

(会計年度)

15条 本会の会計年度は、41日に始まり翌年331日に終わる。

 

5章   補 則

(報告の義務)

16  会員は住所または氏名等に変更が生じたときは、本部事務局に報告しなければならない。

(委任)

17条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に必要な細則は役員会の決議を経て会長が定める。

 

 

(附則) この会則は、昭和2388日から適用する。

            <中略>

 (附則) この会則は、平成21725日から適用する。

(附則) この会則は、平成23730日から適用する。

(附則) この会則は、平成24728日から適用する。

 

別表(8条関係) 評議員の選定基準

 

区 分

単 位

評 議 員 数

支 部

地域組織

会員20人以上で

構成する組織

会員20人に        1

会員21人以上50人まで  2人

会員51人以上       3人

職域組織

クラブOB

同 期 会

卒業年次

3人以内